書類の書式を知る

書類の正しい書式を知ろう!|書類の失敗しない書き方と注意点

履歴書の書式と注意点

就職や転職の際には履歴書が必要となりますが、いい加減に書いた履歴書では企業の印象はひどいものになります。
そこで、履歴書作成における注意点やポイントを挙げていきます。
まず、字の苦手な人でも極力手書きで書くこと。
パソコン等で書いた履歴書も増えて(逆にパソコンで作成した履歴書を好む企業もあります)いますが、下手でも丁寧に書いた字の方が採用担当者も好感が持てるようです。
パソコンで履歴書を作った場合でも、手書きを求める企業もあるので用意しておいた方がいいでしょう。
小さい字は見辛いため、見やすい大き目の字を心がけましょう。
また、誤字脱字は厳禁。
間違えたら破棄して、新しい履歴書を書きましょう。
次に写真ですが、写真屋で撮ってもらう方が画質もよく、その分印象もよくなります。
撮影では明るい顔を心がけ、服装は濃い色のスーツを着るようにしましょう。
学歴、職歴は在学中に取った資格やゼミの研究内容、大卒であれば卒論のテーマを記入するとよいでしょう。
職歴も配属先の役職、前職での経験をアピールする内容が好ましいようです。
資格、免許の記入ですが、基本的にはすべて記入してかまいませんが、簡単な資格は逆効果になりかねないので避けるのが無難です。
項目の空欄も意欲を疑われるので、現在資格を持っていない人は勉強中の資格を記入するとよいでしょう。
最後に、もっとも難しいのが志望動機ですが、これはどの会社にも当てはまる当たり障りのない内容よりも、その会社でなければならない理由や、この会社にとってプラスになると感じられる内容の方が好印象になります。
出来上がった履歴書は、面接に備えてコピーしておきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ